top of page

【目標を決める】頑張るではなく、頑張り方を工夫する

U-13監督の長友です。

子供たちは夏休みに入りましたね。

めちゃくちゃ大切な時間がやってきました!!


・やったぁ〜、休みだ!

・暇だなぁ〜。。

・今日は何しよっかなぁ〜・・・


なんて、なんとなく夏休みを過ごそうとしている君!!!チャンスを逃すぞ⚠️


この夏休みをどう過ごすのかで、今後の未来が変わる。決断するのは君たち。今回は時間の過ごし方のヒントを伝えたいと思う👍


U-13に関しては、入団して数ヶ月が経ち、みんなの個性も分かってきた。それにプラスして、


・ただサッカーをしている人

・一生懸命練習に取り組む人

・影でも必死でも頑張っている人


も見えてきた。


ただ、サッカーしている人は、申し訳ないが同じミスを繰り返し、多少の成長しか見られるず、どんどん差が開いている。そろそろスイッチ入れないと、あとから追いつこうと努力しても簡単ではないし、大体の選手は諦める。


一生懸命練習に取り組んでいる人は、成長は見られるのが、一生懸命するのは当たり前で、他のチームだって一生懸命頑張ってる。今のままでは差は縮まらない。


影でも必死にやっている選手は、見ればわかる。なぜなら、ボールを扱うスキルはボールを触った時間や回数で飛躍的に伸びる!残念ながらこういった選手は片手で数えるほどしかいない。影でやってますって言うかもしれないけど、結果が見えない努力はやっていないのと一緒。頑張り方を考えたり工夫することが大事。


ますは、この動画を見てほしい!僕がみんなに伝えていることであり、伝えたいことを同じように伝えている。



『一生懸命やるのは当たり前』


細部にこだわり、勝つためにどうするべきか意識を変える!


この意識が変わるだけで、大きく変化し成長できる!



では、本題のヒントについて語っていく。



チームの目標は、


・1stは一部リーグ昇格

・2ndは二部リーグ昇格

・U-13はアントールカップトップ3


では、君たち個人の目標は???


例えば、僕は英語が喋れない・・・


【英語が喋れれば、海外旅行を楽しめたり、サイバーにもし外国人が来たらコミュニケーションがとれないから会話ができるようなしておきたい】


と言う目標を立てたとしたら、

英語のテストで高得点をとることが目的ではなく、ネイティブに会話をすることが目標になる。


となると、まずは何をするか???


まずは発音の練習!

日本語の母音は、『a.i.u.e.o』の5つ。

英語は母音が15コある!!


どれだけ英単語を覚えても、文法を覚えても会話はできないし、ヒアリングもできない!!


だから、まずは発音を徹底的に努力する!日本人は英単語は自然にかなりの数を覚えているもの!なぜならカタカタがあるから!

まぁ、このへんは豆知識。


発音が理解できてきたら、中学生で習う英語を攻略していく!ここが攻略できればある程度会話はできるようになる。


もし、学校の授業で早くも英語が分からない、諦めてる人がいるならオススメの動画を紹介してあげよう!!この夏休みに本気で数回繰り返してみれば基礎は身につく!


①中学英語完全攻略


②基本動詞50選


③前置詞44選


ここを抑えたら、あとは、ネイティブな発音を聞き取るトレーニング!


これで、目標達成できる!!!


ちなみに、僕は英語喋れないからね💦


あとは、意識を変えて本気でやるかどうかなんだよね。それは僕の意識、決断次第。



話を戻すと、この英語で会話をできるようにするまでの努力の仕方を伝えたけど、U-13に伝えていることは、この英語の会話をマスターすることと一緒で、基礎を伝えて、あとはどのように努力すればいいのか、頑張ればいいのかを伝えている!


だから、あとは君たちが本気でやるかやらないか。


僕が、君たちを本気にさせてあげらられるか、させてあげられないのかの闘いである。


この長い文章を最後まで真剣に読んだ選手が何人いるからわからないけど、ここまで真剣に読んで、意識を変えることができる、本気で変えようと決心した選手は今後の自分の未来をプラスに変えることができる!!!



0件のコメント

Comments


bottom of page