top of page

【セレッソU-18日本一】進化する基礎技術を『知る・追求する』

長友です。

先日の自由参加トレーニングの2日間は、参加人数が少数でしたので、長友クリニック2daysをおこないました。


そのときに、伝えた、ボールを止める・蹴るの基礎技術ですが、過去に僕たち大人が教えてもらったものとは全く異なります。サッカーは進化し続けていて、基礎技術も進化しています。


すべての技術を『言語化』し、言葉で伝えられることはとても大切です。


トラップは、【点と点を合わせる】


インサイドのトラップも、インサイドのキックも多くのは人は間違えて教えられてきたし、間違った習慣を身につけています。


当然、僕も何十年も間違ったトラップをしているのでクセが抜けず、息子と練習してても、うまくいきません。最近は意識して息子にお願いして僕自身もトラップ練習をしています。


インサイドパスは、僕は学生の時から正しく蹴れてました。これは教えられたわけではなく、自分でこっちのほうが質がいいと思って周りの仲間には伝えてました。


僕もまだまだ正しいトラップができず、良い見本にはならないですが、正しいインサイドトラップとインサイドパスを極めるとどうなるのか動画をアップします。


長友クリニックに参加した選手は、この動画を見て気づくと思います。


参加していない人は、絶対に気づかないです。


また、みんなが揃った時点で伝えます。


  • 止める

  • 蹴る

  • 見る

  • 立つ

この4つを向上させるだけで、圧倒的に変化します。止める、蹴るができるようになれば、自然と『見る』はできるようになります。


『立つ』は、知識が必要になります。


ここまできたらサッカーが断然楽しくなります!!


どこまで昇り詰めるかは、個々それぞれ。楽しみながら頑張って!!





0件のコメント

コメント


bottom of page